アトピーを改善するコツが満載|美肌を目指そう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と悩んでいる症状

頬を触る女性

綺麗にする

お風呂できちんとお尻をきれいに洗っているのに、ニキビができてしまうと言う方は多くいます。いったんお尻にニキビができると治るのに時間がかかるので、とても不快です。そもそもお尻にニキビができる原因は、外部からの圧迫によるものです。長時間、デスクワークで座ったり、下着による摩擦で、お尻の皮膚はダメージを受けます。大きなダメージを受けると、お尻が血行不良でターンオーバーが乱れてしまいます。すると、角質が厚くなるので、アクネ菌が繁殖しやすい状態になります。その結果、不衛生な状態が続くので、ニキビができやすくなるというわけです。さらには、アクネ菌を放置すると、お尻の黒ずみ、シミなどの原因にもなります。なので、外部からの刺激を抑えるように配慮する必要があります。

治す

お尻にできたニキビを治すには、ピーリングケアが最適です。ピーリングとは、AHA、サリチル酸成などの薬剤で古い角質を除去するケアの事です。ピーリングを行う事で、ニキビの原因である角質をスムーズに剥がすことができます。さらに、皮膚のターンオーバーを促進するので、綺麗な肌に生まれ変わっていきます。一週間に一度のペースでピーリングを行う事で、次第に効果を実感できます。ピーリングの注意点は、しっかりと保湿を行うことです。なぜなら、ピーリング後の肌は古い角質が除去されたばかりで、とても繊細だからです。外部からの刺激を受けやすく、乾燥しやすいので、丁寧な保湿が大事です。化粧水やクリーム等で丁寧にケアすると良いです。