アトピーを改善するコツが満載|美肌を目指そう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

肌にとても良い成分

スキンケア用品

ビタミンcの効果

ビタミンcには、お肌に嬉しい効果がたくさんあります。ビタミンcは、メラニン色素の生成を抑制し、シミを改善する働きがあります。また、ビタミンcはコラーゲンの生成を助けてくれます。そのため、お肌をハリと潤いに満ちた状態に保ってくれます。ビタミンcには、ニキビの炎症を抑える効果もあります。ビタミンcには、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあり、ニキビを治したい人におすすめの成分です。しかし、ビタミンcはとても脆く、空気に触れただけで壊れてしまいます。そのため、直接お肌にビタミンcを塗っても、お肌の奥深くまで届かないのです。そこで開発されたのが「ビタミンc誘導体」です。ビタミンc誘導体は、浸透力に優れていて、お肌に吸収されやすいという性質を持っています。

症状で使い分けよう

ビタミンc誘導体には、水溶性のものと油溶性のもの、そしてその2つの性質を併せ持つものがあります。水溶性ビタミンc誘導体は、即効性が高く短時間で吸収されます。しかし、肌の奥には浸透せず、紫外線に弱いです。そのため、ニキビや毛穴の開き、皮脂の分泌を抑えるのに効果的です。油溶性ビタミンc誘導体は、持続性があり保湿力が高く、水溶性のものより浸透力が高いです。油溶性ビタミンc誘導体は、乾燥肌や敏感肌に効果的で、しみやしわも目立たなくしてくれます。水溶性と油溶性の両方の性質を持ったものが新型ビタミンc誘導体です。新型ビタミンc誘導体は、水溶性と油溶性のビタミンc誘導体の両方のメリットを持っているだけでなく、浸透力もかなり優れています。